兵庫を代表する名湯「有馬温泉」おすすめ観光スポット12選   

Pocket

日本各地から観光客が訪れ、かつては天下人豊臣秀吉も絶賛したという「有馬温泉」。
有馬温泉にいくなら絶対に入るべき温泉と行くべき周辺スポットをご紹介します。

この記事に記載したスポットは全て有馬温泉駅から歩いていける距離のところにありますので、
アクセスに関しては心配なく読んでください。

それでは有馬温泉の歴史ある温泉、自然、建物を楽しんでください。

【兵庫】【温泉街】兵庫を代表する3大温泉

2018.11.14

スポンサードサーチ

有馬温泉 おすすめ温泉編

有馬温泉のお湯は金泉・銀泉と呼ばれていおり、成分の関係により褐色のものと無色のものがあります。
太閤秀吉も絶賛したと言われる有馬温泉を金泉・銀泉共にご紹介して行きます。

有馬を代表する金泉の温泉「金の湯」


有馬温泉に来たら絶対に試して欲しいのが金泉です。
湧き出す時は透明ですが、空気に触れるとお湯の鉄分が酸化して褐色に変わります。
その金泉の中で人気一番の温泉は「金の湯」です。
玄関にある無料の足湯も試してみてください。

営業時間 午前8時~午後10時(最終入館は午後9時30分まで)
料金 大人(中学生以上) 650円
小人(小学生) 340円
幼児 無料
2館券(金の湯・銀の湯)     850円
2館券+史料館(太閤の湯殿館)  1,000円
電話番号 078-904-0680
定休日 第2火曜日・第4火曜日(祝日営業、翌日休)及び1月1日
有馬温泉駅からアクセス 有馬温泉駅から徒歩5分
公式HP http://arimaspa-kingin.jp/cont01/cont01-flm.htm

金の湯に姉妹温泉「銀の湯」


銀の湯は金の湯の姉妹温泉で、金の湯とは成分が異なるため透明のお湯となっています。
成分は炭酸・ラジウム泉となっているため血行がよくなりとても体があたたまる温泉です。
金の湯とセットで試してみてください。

営業時間 午前9時~午後9時(入館は午後8時30分まで)
料金 大人(中学生以上) 550円
小人(小学生) 290円
幼児 無料
2館券(金の湯・銀の湯)     850円
2館券+史料館(太閤の湯殿館) 1,000円
電話番号 078-904-0256
定休日 第1・第3火曜日(祝日営業 翌日休)及び 1月1日
有馬温泉駅からアクセス 有馬温泉駅から徒歩10分
公式HP http://arimaspa-kingin.jp/cont02/cont02-flm.htm

西日本1位の名湯「太閤の湯」


太閤の湯は有馬でゆっくり過ごしたい方におすすめのスーパー温泉です。
金泉・銀泉が揃っており、その他にも宿泊施設、食事スペース、お土産屋などが揃っています。
ニフティ温泉2017では西日本エリア1位に輝く人気温泉です。

営業時間 10:00〜23:00(最終入館は22:00)
平日料金 大人2,400円(税込)小人(小学生)1,200円(税込)幼児(3~5歳)400円(税込)
休日料金 大人2,600円(税込)小人(小学生)1,300円(税込)幼児(3~5歳)500円(税込)
電話番号 078-904-2291(代表)
定休日 不定休
有馬温泉駅からアクセス 有馬温泉駅から徒歩10分
有馬温泉駅から太閤の湯まで循環バスあり
公式HP http://www.taikounoyu.com/
休日の入館料は土・日・祝、年始(1/1〜3)、GW(4/29〜5/5)、お盆(8/13〜15)になります。
また大規模改修工事を実施するため、2018年5月7日(月)〜2019年3月31日(日)の間は休館で全面リフレッシュオープンは2019年4月1日(月)です。

有馬温泉 おすすめスポット編

有馬温泉駅すぐ「湯けむり広場」


有馬温泉駅を出て右手にすぐ行くと見えてくるのがゆけむり広場です。
湯けむりに見立てた滝と太閤秀吉像、その視線の先には秀吉の妻であるねね像があります。
滝の中には可愛いカッパの銅像があります。
湯けむり広場を見て有馬温泉観光がスタートします。

有馬温泉駅からアクセス 有馬温泉駅からすぐ

桜と紅葉が綺麗な赤い橋「ねね橋」


ねね橋の赤い欄干はとても印象的でねね像と共に有馬に来たら一度訪れて欲しい場所です。
春は桜、秋には紅葉がとても綺麗な場所です。

有馬温泉駅からアクセス 有馬温泉駅から徒歩5分

夜は幻想的な「太閤橋」

太閤橋は赤い格子が特徴的な橋で、「太閤橋」の名前が掘られています。
この名前が書かれている石の側面には秀吉の旗印である「千成瓢箪」が描かれています。
太閤橋からは有馬川に降りることができ、そのままねね橋まで歩いて行くことができます。
有馬川の河川敷と太閤橋は夜になると幻想的な姿を映し出します。

有馬温泉駅からアクセス 有馬温泉駅から徒歩2分

見る・聞く・遊ぶ・作る「有馬玩具博物館」


有馬玩具博物館はグリコおもちゃデザイナーの加藤裕三氏の集大成として設立されました。
有馬玩具博物館には

  • ドイツの伝統的なおもちゃ
  • 動くからくりおもちゃ
  • 鉄道模型とブリキのおもちゃ

が展示されています。
期間限定のイベントが行われ、その時には実際におもちゃ作りを体験することができます。

営業時間 9:30 – 18:00 (最終入館 17:30)
料金 大人:800円 子ども:500円
電話番号 (078)903−6971
定休日 不定休
有馬温泉駅からアクセス 有馬温泉駅から徒歩5分
公式HP http://www.arima-toys.jp/

赤と青のポストが目印「有馬切手博物館」

View this post on Instagram

#museum #yesterday #切手

A post shared by sachiyoyamasaki (@sachiyoyamasaki) on

有馬切手博物館では明治時代の1871年から現代までの切手3000点が展示されており、日本最初の切手や明治天皇のご成婚25周年の記念切手なども展示されています。
入り口には赤と青の可愛い丸ポストがおかれていて、撮影したくなるような愛嬌たっぷりの建物です。

営業時間 午前10時~午後4時(但し入館は午後3時30分まで)
料金 大人 500円
中・高生 200円
電話番号 078-904-0024
定休日 火曜日(祝日の場合は翌日休)
有馬温泉駅からアクセス 有馬温泉駅から徒歩15分
公式HP http://www.kitte-museum-arima.jp/index.html

秋は紅葉と有馬大茶会で賑わう「瑞宝寺」


瑞宝寺は秋になると2500本ものカエデが色づきます。
この光景を見た秀吉は「いくら見ても飽きない」と言い「日暮らしの庭」とも呼ばれています。
11月2・3日には有馬大茶会も行われるので、この時期を狙ってくることをお勧めします。
太閤秀吉愛用したと言われる石の碁盤もある、秀吉のゆかりのあるお寺です。

電話番号 078-904-0708
住所 神戸市北区有馬町1749
有馬温泉駅からアクセス 有馬温泉駅から徒歩10分

有馬温泉繁栄の礎「温泉寺」


温泉寺は奈良時代に東大寺を建立した行基によって建てられたお寺です。
この温泉寺の建立は有馬温泉繁栄の礎となりました。
本堂には重要文化財も多く所蔵されているお寺です。

電話番号 078-904-0650
住所 兵庫県神戸市北区有馬町1643
有馬温泉駅からアクセス 有馬温泉駅から徒歩8分

有馬温泉の神様が祀られる「湯泉神社」


有馬を最初に発見したと言われる大己貴命(おおなむちのみこと、大国主命)が祀られている神社です。
大己貴命という神様が有馬の地で三和の傷ついたカラスが赤い水で体を癒している姿を見て有馬温泉を発見したと言われています。
温泉神社の賽銭箱を見上げるとそこには「有馬の三羽ガラス」が描かれています。

電話番号 078-904-0418
住所 兵庫県神戸市北区有馬町1908
有馬温泉駅からアクセス 有馬温泉駅から徒歩8分
公式HP http://www.tousen.or.jp/index.html

有馬温泉から歩いていける滝「鼓ヶ滝公園」


有馬温泉公園から歩いて20分のところにある「鼓ヶ滝公園」。
六甲山の澄んだ水が心地よい滝の流れを奏でています。
滝から落ちる水が山にこだましながら水面を打つ音から「鼓ヶ滝」と名付けれられました。
滝の近くには「滝見茶屋」があり休憩もできるスポットです。

電話番号 078-904-0708
住所 兵庫県神戸市北区有馬町
有馬温泉駅からアクセス 有馬温泉駅から徒歩20分

有馬温泉の観光地まとめ

有馬温泉街には今回紹介したもの以外にも、泉源やご飯屋さんがたくさんあります。
有馬温泉に行くと観光案内所で地図をもらうことができますので、そちらを見ながら、今回ご紹介した場所を探してみてください。
鼓ヶ滝公園と瑞宝寺公園は逆の方角になりますが、歩いて行ける距離ですので全てのポイントを訪れて欲しいです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA