【冬】【兵庫】神戸ルミナリエの歴史と作品

Pocket

神戸ルミナリエの本当の意味は「消灯式」でわかる。

「神戸ルミナリエ」

神戸市中央区の旧外国人居留地周辺と東遊園地が会場となり、
神戸の街を電飾が明るく照らすイベントが、1995年より毎年開催されています。

クリスマスの時期が近く、冬の季節と相まってイルミネーションの意味合いが強くなった
このイベントですが、この光は「勇気と希望の光」だということを
心に感じながら見に行ったことがありますか?

今回は1995年の年始に起きた地震の復興と明日への希望を願い、
その年の年末に開催された神戸ルミナリエに迫っていきます。

スポンサードサーチ

神戸ルミナリエとは

1995年1月17日
淡路島北部で起きた阪神淡路大震災は、神戸の街に多くの被害を与えました。

死傷者数も数多く、電気もガスも止まり暗闇に沈む神戸。
観光者の数も激減し、神戸の街は試練と直面することとなりました。

12月。
復興が続く神戸の街を暖かい灯りが包み込みました。
犠牲者の鎮魂と追悼の送り火として、また年末を乗り越え新たな年始への
復興と再生の希望を込めた、神戸ルミナリエが開催されたのです。

イタリアのヴァリレオ・フェスティ氏と
神戸在住の作品プロディーサー・今岡寛和氏の共同作品群。

その光の荘厳さ、暗い街を明るく照らし太陽が出る、東に向かい皆で歩く時間。
震災で落ち込む人々を勇気づけ、そして感動を与えました。

その思いを残し、また神戸の街の魅力を発信し続ける為に
毎年神戸ルミナリエは開催されています。

近年は赤字が続き、日程を短縮したり、開催箇所を小さくしたり、
光をLEDに変えたりと努力しながら開催が継続されています。

しかし、今も毎年約300万人が訪問する神戸の風物詩となっています。

神戸ルミナリエの作品

神戸ルミナリエは一方通行になった道路を皆で列になって進みながら、
イルミネーションの作品を見れるようになっています。
毎年配置やデザインも変化し、常に来る人を飽きさせない工夫がされています!
今回はその一部をご紹介します。

仲町通りの作品

フロントーネ

まず最初に見えるのが、このフロントーネ。
1999年の第5回目からの登場した作品になっています。
SNSで皆さんも見たことがありませんか?
ルミナリエの入り口ともいえる場所に設置されており、
開催年を代表する「ルミナリエの顔」となっています。
趣向を凝らしたデザインで毎年訪れた人たちを魅了しています。

ガレリアコペルタ

フロントーネから入った先に存在する、ガレリアコペルタ
前方を含む四方向から光によって囲まれる屋根付きの回廊が飾ります。
2015年から取り入れられた装飾で、周りを光に囲まれる空間は圧巻になります!

ガレリア

メインストリートを飾るこちらも回廊作品です!
ガレリアコペルタが出来る前は、フロントーネから入ったら
すぐにこのガレリアに入っていました。

高さ10m以上のアーチが約20基程設置され、
東遊園地に出る場所には大型の星が飾ってあります。

正面から見るとトンネル状に見えるよう、間隔が調整され
その間には募金を募る方が立っておられます。

東遊園地の作品

仲町通りを抜けると東公園に場所が移ります。
王冠の形をしたメイン会場ともいうべき場所となります。

スッパリエーラとカッサ・アルモニカ

スッパリエーラとは「光の壁掛け」という意味。
4本の塔を有し、東公園を囲むように設置されています。
上から見ると巨大な王冠状の形になっており、中に入った人を暖かく包んでくれます。

カッサ・アルモニカは、毎年デザインの変わらぬ神戸ルミナリエの中にあって
当初から変わらない形で存在し続ける、光のシンボルです。
「過去と未来の輝きとともに生命の響きをつたえる光の記念堂」ともいわれ、
内部には募金箱が設置されています。

記念品の作品

今年独自の作品としては、
兵庫県政150周年記念作品と2019年ラグビーワールドカップ開催記念作品を
東遊園地内に設置されるみたいです。

楽しみ方も人それぞれ

今回はルミナリエのほんの一面を紹介しました。
綺麗な景色に目を奪われる、大いに賛成!ただ何度も何度も来てほしい。
思いの一部でも受け取めてくれる人がいたら。と思い執筆しました!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA