【兵庫】【温泉街】兵庫を代表する3大温泉

Pocket

スポンサードサーチ

兵庫と言えば、、温泉!!

温泉街。そこは、どこかノスタルジックでエモい雰囲気に満ちていますよね。
恋人と行っても良し、家族や友達、一人でも。
疲れた体を癒すために少しお出かけしませんか?

今回は関西屈指の温泉が有名な兵庫県からお送りします。

篠山観光の疲れを癒す 丹波篠山の温泉 7選

2019.02.08

有馬温泉


言わずとしれた有名温泉となります。六甲山の奥に湧いた温泉地で、
日本三名湯の一つともいわれている温泉で、歴史の深い温泉地になります。

兵庫を代表する名湯「有馬温泉」おすすめ観光スポット12選   

2019.01.12

歴史

1000年以上前より当時の天皇が訪れたことで有名になり、
時代に合わせ当時の著名人に愛されました。

奈良時代には行基。平安時代には仁西。清少納言の枕草子にも登場します。
戦国時代には天下人秀吉が懇意にしていたことは有名です。
秀吉は特にこの湯を愛し、
地震があった際には改修工事の着手を命じたこともありました。

また江戸時代には、温泉番付において最高位とされた西の大関とされるほど
評価されました。

また近代においても、谷崎潤一郎等多くの文人に愛されました。

特徴

療養泉として指定される9つの主成分中、7つもの成分が含まれた世界的にも
珍しい多くの成分が混合した温泉と言われています。

赤褐色で塩分濃度が非常に濃い金泉

無味無臭、無色透明の飲むことも出来る銀泉が非常に有名です。

営業時間 店舗によって違いますので、公式HPをご確認ください
住所 兵庫県神戸市北区有馬町
日帰り
公式HP http://www.arima-onsen.com/

城崎温泉


こちらも言わずとしれた名泉となります。

「外湯めぐり」発祥の地ということもあり、温泉街の中を浴衣姿で歩く人が多いです!
温泉街の情景が、実に絵になって風情があふれています。

兵庫の北の方にあって蟹など冬の味覚も魅力的です!

歴史

1300年ほど前にコウノトリがその湯で足の傷を治していた為発見されたという
伝説のある場所。

また寺伝によると温泉の由来は、
720年に道智上人の祈祷によりまんだら湯が湧き出たことに由来するという記述も。

温泉街は円山川の支流、大谿川を挟む1km程続いており、
7つある外湯が古来から親しまれてきました。

宿を客間。
温泉街の道を廊下ととらえ、町全体で湯治に訪れた人をもてなしたと言われています。

王族や文人も数多く訪問した記録も残っており、
特に志賀直哉の作品「城の崎にて」でよく知られています。

因みに江戸時代の温泉番付によると、西の関脇にランクされています。

特徴


<駅舎温泉 さとの湯>

何といっても7つある外湯が有名です。
街の真ん中を通る大谿川に沿って点在する外湯はそれぞれの湯に逸話が残り、
個々が特徴的な温泉場として出迎えてくれます。

風情溢れる景色は日本一浴衣の似合う温泉街として有名です。
「カランコロン」と下駄の音が響き渡ります。

 

View this post on Instagram

 

朝市広場《kinosakispa&gardens湯楽》さん(@matsubagani_asaichihiroba)がシェアした投稿


食事では蟹が有名です。店頭で販売されている光景や、
旅館等の料理で出てくることが多いです!

営業時間 店舗によって違いますので、公式HPをご確認ください
定休日も店舗によって異なりますので、
全ての湯に入られる方は計画的にお周りください。
住所 兵庫県豊岡市城崎町湯島357-1
日帰り
公式HP http://www.kinosaki-spa.gr.jp/

湯村温泉


兵庫にある三大温泉の一つと言われています。
城崎温泉や有馬温泉に比べて若干知名度は劣るかもしれまんが、
湯村温泉も古くからある名湯として訪問した人を癒してきました。

 

View this post on Instagram

 

発芽酵素食メグさん(@sproutmeg)がシェアした投稿


98度の熱湯が湧く日本の中でも珍しい高熱の湯で知られています。
古くからそこに住む人はその湯を使い、卵や野菜をゆがいて使っていました。

伝統ある街並みが古き良き時代を想起させる温泉街となっています。

歴史

平成の世に天台座主大三世慈覚大師によって開湯されたと言われています。

 

View this post on Instagram

 

@hibino_akiyoがシェアした投稿


過去にはNHKドラマの人間模様で放映された「夢千代日記」の舞台となりました。
映画化もされ、一気に全国区に名前が知れ渡り、
温泉街には夢千代像や資料館である「夢千代館」が設置されています。

特徴

元湯は「荒湯」と呼ばれる98度の高泉の湯が毎分470リットルで湧き出しており、
このお湯は掘削してくみ上げているわけではなく、自噴している所に特徴があります。
これは、開湯以来変わらないとも言われています。

温泉の成分に重曹を含むため、料理に適するともいわれており、
まろやかな味になると評判です。

ゆでた食材は「荒湯どうふ」「荒湯たまご」として名物になっています。
今でも観光客が荒湯で卵をゆで、楽しんでいる様子がよく見られます。

湧出量が豊富で、旅館だけでなく各家庭にも配湯されています。

 

View this post on Instagram

 

かぎやさん(@kagiya_key)がシェアした投稿


春来川沿いには足湯が設けられ、かつては旅人や農作業の帰りに川にあふれ出た温泉で
足をつけ一休みしながらおしゃべりしたそうです。

目の前を流れる川、そこに泳ぐ恋や鴨たちを眺めながら風情にひたることが出来ます。

営業時間 店舗によって違いますので、公式HPをご確認ください
住所 兵庫県美方郡新温泉町湯1248(荒湯)
日帰り
公式HP http://www.yumura.gr.jp/

まとめ

今回は兵庫の中でも代表的な温泉3選を紹介しました!
どれも温泉街として風情も良く、グルメも楽しめる街です!
心と体を癒したいときには是非訪れてください!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA