【神戸】【グルメ】神戸牛は存在しない!?神戸牛の秘密と世界規模の人気の秘密

Pocket

神戸牛という”牛”は存在しない!?
そんな話を聞いたことはありませんか?実は神戸牛という牛は存在せず、
日本一厳しいとも言われる審査の元にある牛肉の中から、厳選された特別な牛肉が名乗ることができる名前なのです!

では実際は何という牛が、神戸牛と呼ばれるのか?
それは、、、、

但馬牛

この但馬牛!!!牛肉が好きな人なら一度は聞いたことがある名前かと思います!

但馬牛とは・・兵庫県の北部で育成されている黒毛和種の和牛のことです。
その肉質の良さから近江牛や松坂牛といった日本三代和牛の素牛にも選ばれる牛です。

近江牛や松坂牛のように、別の場所に移されることなく、兵庫でそのまま育成された「但馬牛」も、厳しい審査基準がありブランド牛として高い評価を受けています!

スポンサードサーチ

但馬牛の認定条件とは??

「兵庫県産(但馬牛)」とは、本県の県有種雄牛のみを歴代に亘り交配した但馬牛を素牛とし、繁殖から肉牛として出荷するまで当協議会の登録会員(生産者)が本県内で飼養管理し、本県内の食肉センターに出荷した生後28ヵ月令以上から60ヵ月令以下の雌牛・去勢牛で、歩留・肉質等級が「A」「B」2等級以上とし、瑕疵(かし)等枝肉の状態によっては委嘱会員(荷受会社等)の確認により判定を行う。

このように明確に定義として決まっています!

牛肉の格付けは、歩留等級と肉質等級で決まります

神戸肉流通推進協議会

  • 歩留等級とは、一頭の牛からとれる可食部分の割合が多いか少ないかということ。
  • 肉質等級とは、霜降りの度合いや、色、にく肉生地のきめ細やかさ、脂の質などを総合評価したもの。

そんな但馬牛の中から更に厳選された基準をクリアした牛にだけ与えられるブランドが「神戸牛」であり、日本最高峰の高級和牛となります。

神戸牛の認定条件とは??

「神戸肉・神戸ビーフ」とは、第20条で定義する「兵庫県産(但馬 牛ぎゅう )」のうち、未経産牛・去勢牛であり、枝肉格付等が次の事項に該当するものとする。
「神戸肉流通推進協議会より引用」

厳しい審査基準を持つ

・霜降りの割合である「BMS」が6以上の肉質のもの
・赤身の割合(歩留等級)がA・B等級
・枝肉重量が450kg以下である

この定義を持つ但馬牛のみが、神戸ビーフと呼ばれるのです。
毎年選び抜かれた3000頭程が神戸ビーフとして選ばれます。

神戸ビーフ海外編

神戸ビーフには菊の印が押されている

神戸ビーフにまつわる海外の評価も高く、
米国メディアが選ぶ「世界で最も高価な9種類の食べ物」の中の堂々第6位に選出されています!
「Kobe Beef」は世界で最も高級な牛肉として海外でも広く知られ、高級ブランド牛の代名詞となっているのです。

お店編

神戸で実際に食べるなら、リーズナブルにでも有名人も多数くるような名店に行きたい!と思いませんか?
本物の神戸ビーフをリーズナブルに提供しているお店もご紹介しているので是非見てみてください!

常連客がすすめるワイワイ楽しく神戸ビーフを食べれる「 鉄板焼き大栄」を丸裸にする。

2019.02.07
スポンサーリンク