両手の荷物から解放!旅行先で荷物を預ける方法4選

Pocket

「ホテルのチェックインまでの間荷物邪魔だ、、」
「荷物を安くで預かってくれる方法ないかな?」

旅先で荷物をどこかに預けたいと思ったことはありませんか??

今回は旅先で重い荷物を持たずに観光を十分に楽しめる方法をご紹介します。

スポンサードサーチ

荷物預かりサービス「ecbo cloak」を利用


荷物預かりサービスの「ecbo cloak」をご存知でしょうか?

ecbo cloakはレストランやカフェの空きスペースと、荷物を預けたい旅人をマッチングする世界初のシェアリングサービスです。
ecbo cloakは4つのプロセスで利用が可能。

  1. 荷物を預けたい場所を探す
  2. 預ける期間と荷物数を選択
  3. 当日になったら荷物を預ける
  4. 指定した時間に荷物を取りに行く

ecbo cloakはアプリをダウンロードし、無料登録で簡単に利用できます。

ecbo cloakのメリット

旅先で荷物を預けて、開放感を感じながら観光したいですよね。
ecbo cloakで荷物を預けるメリットを他の方法と比較してご紹介します。

  • クレジットカード決済が可能
  • スーツケースサイズの大きい荷物も預けることができる
  • ロッカーで預けようとするタイミングで「空いていない」ということがない

コインロッカーで荷物を預けようとした時に、小銭が足りずにコンビニで1000円札を崩しに行く経験はありませんか?
ecbo cloakでは登録したクレジットカードで決済が可能ですので、小銭の心配をする必要がありません。

コインロッカーを探しても、空いていないことや、大きな荷物が入らないという経験をあるのではないでしょうか。
ecbo cloakでは空いている場所を見つけて荷物を置くので、ロッカーが埋まっているということはありません。
またスーツケースサイズの荷物にも対応しているので、コインロッカーにも入らない荷物でも預けることができます。

コインロッカーを利用

旅先で荷物を預ける時にまず思いつくのがコインロッカーではないでしょうか。
サイズに応じて200~600円程度の手頃な価格で荷物をおけるのがコインロッカーのメリットです。

アプリの登録など事前の準備も必要がないので、手軽に利用できます。

一方でコインロッカーのデメリットは空いていないことや、スーツケースサイズが入らない場所も多くあるという点です。

馴染みのある場所でしたら、コインロッカーの場所はなんとなくわかります。
でも初めて行く土地でのコインロッカー探しはなかなか難しいですよね。

「コインロッカーなび」を使えば簡単にコインロッカーを探すことができます。

ホテルのチェックイン前に保管

電車で旅行に行く時に、もし駅からホテルが近いなら、チェックイン前のホテルで荷物を保管してもらうことを検討してみてはどうでしょうか。

15:00からチェックインが可能なホテルが一般的ですので、部屋に荷物を置くには、チェックイン時間まで待たなければなりません。
実はホテルや旅館によってはチェックイン前にロビーで荷物を預かってもらえるのです。

ホテル予約の際、また現地到着前に電話で確認してみてください。

ホテルのチェックアウト後に保管

ホテルのチェックアウトの時間は朝の10:00~12:00くらいなホテルが一般的です。
チェックアウトの日も帰宅するまでの時間は荷物なしで遊びたいですよね。

と言っている筆者の私も、チェックアウトの後にも保管してくれるホテルがあることを知りませんでした。

私がイタリアのローマで旅行をしていた時の話です。
旅の日程の問題もあり、最終日にコロッセオに行くスケジュールとなってしまいました。

チェックアウトの時間は12:00だったので、それまでにコロッセオを見にいこうと早起きをしました。
チケットを購入し、コロッセオの中に入るために行列に並んでいました。

すると時計の針はみるみる進み、チェックアウトの時間が迫ってしまったのです。
チェックアウトの後でも荷物を預かってくれるということを知らなかった私は、チェックアウトに遅れて追加料金を請求されることを恐れてコロッセオを後にしたのです。

初めてのローマでコロッセオの中に入ることを楽しみにしていた私にとって、とてもショッキングな出来事でした。
あの時「Can I leave my luggage ?」と確認して、コロッセオを見にいけばよかったです。

皆さんもチェックアウトの後でも荷物を保管してくれることを事前に確認して、大切な旅行の機会を逃さないようにしてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
旅先で開放感を感じるにはまずは両手の荷物から開放されましょう。

「重い荷物のせいで楽しさが半減」や「大きなスーツケースのせいで博物館に入れなかった」なんてことがないようにしてください。

スポンサーリンク