日本一の酒所 灘五郷 江戸の8割の酒を供給した名所

Pocket


日本酒の名産地を示す言葉に「日本三大酒処」と言われる場所がある。

京都の「伏見」、広島の「西条」、そして今回紹介する兵庫の「灘」である。
室町、江戸時代と栄えた日本一の酒どころ

神戸市、西宮市の沿岸部に繁栄した
西郷、御影郷、魚崎郷、西宮郷、今津郷の5つの酒を作る郷を総称し「灘五郷」とよび、
古くから清酒の名産地として知られてきました。

今回は「西郷」と「御影郷」の二つの郷の資料館をご紹介します。
各資料館では、お酒の試飲はもちろん、酒造りの工程を学ぶことができます。

灘五郷の今津郷 酒蔵巡り「大関」をご紹介!

2019.01.13

灘五郷の西宮郷 日本盛と白鷹の酒蔵巡りをご紹介!

2019.01.13

スポンサードサーチ

沢の鶴資料館

170年以上の歳月を経てきたと考えられる大石蔵という酒蔵を、
そのまま資料館として公開している場所です。

中に入ると、コメ選び、精米に始まり、清酒が作られる過程と実際に
用いられた道具や桶などの数々の資料が展示されています。
道具の名前と共に、各工程の説明と共に記載されています。


特に醪仕込のコーナーにおいては、大桶が多くが陳列しており、
圧巻の景観となっています。


裏にあるミュージアムショップでは試飲ができ、
資料館でしか飲めない貴重な原酒を飲むことが出来ます。

場所 〒657-0852 兵庫県神戸市灘区大石南町1丁目29番1号
料金 無料
駐車場 普通乗用車
大型バス可
アクセス 「車」:阪神高速3号線 摩耶料金所より約5分
「電車」:阪神大石駅下車 徒歩約10分
公式HP 沢の鶴資料館

菊正宗酒造記念館

一枚板の看板があまりに見事。思わず立ち止まってしまう入り口。
展示室に入ると、そこは蔵人が働き出す朝の時間の明るさを
再現した薄暗い場所となっています。


館のテーマは「酒造りの原点を知ること」。
沢の鶴と同じように、酒造りの工程に沿った用具の説明をしていますが、
菊正宗酒造記念館に特徴的なのは、酒を作る人たちの作業や時間帯、
最初に飯を食べる場所まで紹介していて蔵人の生活により密着していること。
よりリアリティを持って想像することができます。


全ての見学を終えると、利き酒に向かいます。
菊正宗は辛口のイメージが強いですが、原酒はすっきりと口当たりもよく飲みやすい。

場所 〒658-0026 神戸市東灘区魚崎西町1-9-1
会館時間 午前9時30分~午後4時30分(団体のお客様はご予約下さい)
年末年始休館
料金 無料
アクセス 「電車」
JRご利用の場合
「住吉駅」より六甲ライナーに乗換、「南魚崎駅(2駅目、約4分)」下車。
エレベーター1階より北西へ徒歩2分阪神電車ご利用の場合
阪神「魚崎駅」下車。住吉川沿いの遊歩道“清流の道”を南へ徒歩10分。
公式HP 菊正宗酒造記念館

白鶴酒造資料館


入った正面に見える巨大な樽が特徴的な白鶴酒造記念館。
創業1743年から続く老舗ブランドの記念館は新しい技術への挑戦の姿勢を
示すかのような様々な工夫が見られます。

他の資料館と同じく、工程ごとに道具も置いていますが、精巧な人形も配置しており、
より酒造りがイメージしやすくなっています。

また説明用ビデオを数多く設置してあり、言葉や工程がわからなくても
映像によってわかりやすくしてくれています。
1階には100席も座れる映写ホールがあり、ワイドなプロジェクションマッピングを
用いて、白鶴酒造の歴史を視聴することができます。


試飲コーナーでは、もちろん原酒が飲めるだけでなく、リキュールも置いてあり、
また時々有料で飲める試飲なども行なっています。
無くなり次第終了となるので、早めにチェックしてみてください!

場所 〒658-0041 兵庫県神戸市東灘区住吉南町4丁目5-5
会館時間 午前9時30分~午後4時30分(団体のお客様はご予約下さい)
年末年始、お盆休館
料金 無料
駐車場 普通乗用車
大型バス可
アクセス
    「電車」

  • 阪神「住吉」駅下車 徒歩約5分
  • JR「住吉」駅下車、徒歩約15分
  • 阪急「御影」駅下車、車で約10分
公式HP 白鶴酒造資料館

日本好きなら一度は訪ねたい灘の郷


酒造りに適した風土に恵まれるだけでなく、酒米の王様とも名高い「山田錦」、
日本の百名水にも選ばれる「宮水」
全国にも名高い丹波杜氏の技が組み合わさり出来る味と、
海上輸送に適した立地、六甲山系の急流を利用した水車の発見など
江戸時代後期には需要の八割を満たしたとも言われる灘の酒。

是非その酒の郷を見にきてください!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA